美白化粧品は「効果」に注目してランキングから選びましょう

MENU
効果が高い美白化粧品ランキング!迷わず選びたいのはコレ!

美白化粧品はどれも同じと思っていませんか?

20代までの肌とは違い、30代から40代になると急に肌は老化が始まって、くすみを訴える方が増えてきます。くすんだままの肌ではお化粧をしてもきれいに仕上がりませんし、顔色が悪く見えていやなものです。

美白化粧品選びは成分と効果がポイント

そんなときに使いはじめることが多いのが美白化粧品ですが、美白化粧品は何種類も売られていて、どれがいいのか迷ってしまいます。どれも似たような感じがするから、どれを使っても同じなのではないか、と思う方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、美白化粧品はどの商品もそれぞれ使われている成分も違いますし、効果も異なります。自分に合う美白化粧品を選ばなければ美肌は手に入りませんから、化粧品選びは慎重に行わなければいけません。

効果が高くてお肌にやさしい美白化粧品をランキング形式でご紹介

30代から40代の肌はくすみも始まりますが刺激にも弱くなっていますので、効果は高くても刺激は少ない美白化粧品を選ぶ必要があります。けれど、仕事や家事に忙しくて自分では、どの化粧品が合うか検討する暇がないという方も多いでしょう。

 

30代から40代の方におすすめの美白化粧品は何なのか、これからランキングでご紹介します。美肌を手に入れるために美白化粧品を購入する際はぜひ参考にしてください。

効果の高い美白化粧品ランキング

ラグジュアリーホワイトの特徴

  • 皮膚の専門家が開発した化粧品だから安心
  • 特殊ゲルの力で気になるシミの一点に集中攻撃
  • マイクロカプセル化した新安定型ハイドロキノンを使っているから低刺激
  • 朝と夜つければ24時間美白効果が持続
  • 伸びが良くてベタベタしないのに潤いは守れるからうれしい

価格 1,890円(税込)
評価 評価5
備考 全国どこでも送料無料、お支払いの手数料無料、次回のお買い物で1000円引き

【敏感肌でも美白はできる訴求】サエルトライアルセット

サエルの特徴

  • アルコールや香料などは不使用、皮膚科医立ち会いでテストしているから敏感肌でも安心
  • ヴァイタサイクルヴェールで肌のバリア機能を守り、保湿力を高める
  • コウエキスなど3つの天然成分でシミが出来ない肌を作る
  • オリジナル成分のエスクレシドでシミのもとであるメラニンの生成を抑える
  • 一点のシミを消すだけでなく、顔全体のくすみも消すダブル対応で美白を守る

価格 1,480円(税込)
評価 評価4.5
備考 送料無料、使用後も返品OK、30日間返金保証付き

アスタリフトホワイト

アスタリフトホワイトの特徴

  • 独自のナノユニット技術で美白成分を肌に届ける
  • ナノAMAが狙った場所に届いてシミを消す
  • CoQ10の1000倍もの効果あるアスタキサンチンで肌にハリを与える
  • 3種のコラーゲンの力で、肌に潤いとハリを与える
  • アルブチンとビタミンC誘導体で、肌にしみを増やさない

価格 1,080円(税込)
評価 評価4
備考 送料無料、UVクリア美容液プレゼント
ビーグレンの特徴

  • 独自開発のQuSomeテクノロジーで美白成分を肌の奥まで届ける
  • 独自のQuSome化ビタミンCでシミを薄く出来る肌質に変える
  • 独自のQuSome化アルブチンが今あるしみを薄くする
  • 独自のQuSome化ハイドロキノンがメラニンを働いてしみを改善する
  • 独自のQuSomeエイジリカバーコンプレックスでしみのこびりつきを防ぐ

価格 1,944円(税込)
評価 評価3.5
備考 送料無料、365日間返金保証、代引き手数料無料

HANAオーガニックの特徴

  • シミやくすみに効果を出せるオーガニックローズを使用
  • 天然100%オーガニック処方だから敏感肌でも安心
  • 界面活性剤など添加物は不使用だから肌にやさしい
  • 天然成分バイオエコリアで強い肌を作る
  • 生花のような香りがして気持ちよく使える

価格 1,480円(税込)
評価 評価3.5
備考 送料無料、通常価格の48%オフ

美白化粧品を選べないでいる人必見!
効果が高くランキング上位の美白化粧品の特徴は?

肌の調子は年齢とともに衰えますがファンデーションを塗っても肌に元気が無い原因は肌のくすみです。肌の衰えが一気に加速する30代から40代になって初めて美白を意識する人も多いですが、そこで困るのは、どの美白化粧品を選べばよいかです。

 

美白化粧品のどこを見て選んだら良いかわからないのために、ランキング上位の美白化粧品の特徴についてお話します。

肌の奥まで成分を届かせる

美白成分がどれだけ入った化粧品でも、肌のシミを作っている奥深くまで成分が届かなければ効果は現れないのですが、30代以降の肌は硬くなりやすいため、効果がある美白成分も表面までしか届かずに美白できないことが多いです。

 

しかしランキング上位の美白化粧品は、肌の奥まで成分が届くように成分を小さなカプセルの状態で閉じ込めて肌の奥まで届かせます。
ですから、美白の効果が現れて段々と肌のくすみが取れてきます。

天然成分など肌に優しい成分で作られている

これまでは刺激に負けない強い肌をしていた人も、年齢とともに肌は少しづつ敏感になってきます。30代から40代になると、ちょっと刺激がある成分の入った化粧品を付けても、肌トラブルが起きる人も多いです。長く使い続ける化粧品ですから、刺激がある成分が入ったものは使えませんよね。

 

美白成分の中には美白効果は高いけれど肌には強い刺激となるものもあるのですが、ランキング上位の美白化粧品は効果が高いだけでなく肌に優しい成分を使って作られています。天然成分など低刺激の成分で作られている美白化粧品ならば肌に悪い影響をおよぼすこともなく美白効果だけを得ることができて安心です。

美白だけでなく保湿など美肌成分がたっぷり入っている

美肌を維持するためには美白効果だけが入っていればいいわけではありません。30代を超えると、肌はくすみだけでなく、乾燥してかさかさになりますし、ハリなども失われます。

 

肌の乾燥や失われたハリは、肌の潤いを取り戻してあげることで取り戻すことができます。美白を維持するためにも肌の新陳代謝を良くするために、水分量を保つことは必要です。

 

ランキング上位の美白化粧品の成分を調べますと、肌に潤いを与えるように保湿成分がたっぷり含まれているものが多いです。保湿成分も美白成分と同じく肌に浸透しやすいように考えられていますので、肌は奥から潤いを取り戻し、ハリも戻ってきます。

 

30代から40代の肌の老化が進んできた時こそ、美白だけでなく保湿などのトータルケアは大事ですから保湿成分のあるなしは見極める必要があります。

 

>> 効果が高い美白化粧品ランキングはこちら

 

美白化粧品に考えられるデメリットとは?

 

シミ一つないきれいな白い肌は女性のあこがれですから、美白のために何かできることを願って美白化粧品を検討する方は多いです。

 

しかし、いざ使おうとなった時に気になるのはデメリットについてです。美白化粧品のデメリットには何があるのか、考えられることについて調べました。

美白化粧品のデメリット1 肌トラブルが起きやすい

美白化粧品を調べてみますと、いろいろな成分で作られていることがわかります。独自の美白成分を使って作られている美白化粧品もありますし、いくつかの効果がある美白成分を組み合わせて作られている美白化粧品もあります。

 

美白成分の中には美白効果があっても刺激の強い成分があります。そういった強い成分が入っている美白化粧品であれば、肌の弱い人にはトラブルのもとです。

 

もともとは肌が弱かったわけではなくても、30代から40代に入ると、肌は老化によって弱くなります。老化で弱った肌は少しの刺激でもトラブルを起こしやすくなりますので、効果があるとしても、肌トラブルが起きやすい美白化粧品は使い続けることができません。

美白化粧品のデメリット2 肌が乾燥する

美白化粧品をつけると肌がカサカサしてしまった、という方は少なくありません。その理由は、美白成分としてよく使われるビタミンC誘導体などは効果が高い分だけ肌の乾燥の原因になることが多いからです。

 

潤いがたっぷりある肌であれば刺激にならなかったとしても、30代から40代にかけての肌はバリア機能が弱くなって肌から水分が失われている時ですから、もともと肌は乾燥しがちなのです。

 

そんなときに、肌を乾燥させるような成分が入った美白化粧品を使えば、状態がひどくなるだけです。美白化粧品を使って美白することは良いのですが、美肌を維持するためには乾燥も防ぐことが必要です。

美白化粧品のデメリット3 成分が浸透しにくい時がある

美白するためには表面だけでなく肌の奥深くまで成分が届かなければいけません。肌の奥から美白することができれば美肌を作ることができますが、肌の奥まで成分を届けることは大変です。30代以降の肌はだんだん硬くなってせっかくの美白成分も浸透しにくくなっています。

 

このままでは、せっかく効果の高い美白成分が入った美白化粧品を使っていても、成分が浸透しないために効果が出ない、という問題が起きてしまいます。美白するためには、美白成分をたくさん美白化粧品の中に入れるというよりも、肌の奥まで成分を届かせるための何かが必要なのです。

 

⇒⇒ 美白化粧品ランキングはコチラ!

 

 

美白化粧品を使えば、新たなシミができない肌になる

今あるシミやくすみをきれいにするだけでは、肌を白くすることはできません。表面上を白くすることができても、シミのもとを絶つことができなければシミがなくなることはありません。

 

普通の化粧品を使ってケアをしていても、シミのもとを絶たなければシミが出来るだけです。シミのもとに働きけてシミを作らなくすることが、美白化粧品の大きなメリットの一つです。

シミをそのままで放っておくと肌はどうなる?

シミは消えるものではないから、と諦めて放っておく人もいらっしゃいます。しかし、シミをそのままで放っておくと、新しくシミができることで、シミ全体は濃くなるだけです。

 

濃くなった分だけシミを消すことは大変になってしまいますし、ファンデーションなどで隠そうとしても肌を傷めつけるだけです。放っておく時間が長ければ長いだけ肌の状態は悪化するだけですから、できるだけ早く対策を始める必要があります。

新しいシミをできなくするためには何が必要?

シミの原因となるのがメラニン色素です。

 

肌は紫外線を浴びるとメラニン色素を作って肌を守ろうとし、肌のシミやくすみを作ってしまうのです。新しいシミをできなくするためには、新しくメラニン色素ができないように働きかける必要があります。30代から40代にかけては肌が紫外線に負けやすくメラニン色素が出来やすいので、特に注意しなければいけません。

美白化粧品を使えばこれからのシミに効果を発揮するの?

美白化粧品の成分には、メラニン色素に働きかけてメラニン色素の動きを抑える成分が入っています。メラニン色素が作られないのであれば、肌はシミやくすみが広がることはなく、美白を保つことができます。

 

これからのシミに働きかけてしみを作らせない化粧品と聞くと成分が強すぎるのでは?という心配を持つ方がは多いです。特に30代を超えると肌はバリア機能が弱いために化粧品の刺激に負けてしまいがちなのですが、美白化粧品の中には成分は肌に優しくても美白効果が強い成分で作られているものがあります。植物成分などは肌にやさしいですから、敏感肌の方でも使っている方は多いです。

 

美白を考えている30代から40代の方は特に、これまでと同じ化粧品を使うことはできません。年を追うごとに弱くなっている肌に刺激のある化粧品を使っても意味がありませんから、30代から40代の方は特に肌に優しい成分で作られた美白化粧品を使って、新しくシミができないよう肌を守りましょう。

 

⇒⇒効果で人気のラグジュアリーホワイトのキャンペーン詳細はコチラ!

 

 

美白化粧品は今あるシミを薄くしてくれる

ある朝鏡を見て初めてシミができていることに気がついた、という方は多いです。

 

シミを消そうとしてファンデーションを厚塗りすれば、肌を傷めつけてしまうだけです。シミができているときに使ってほしいものが美白化粧品です。

 

今あるシミに働きかけて薄くすることが出来ることが美白化粧品の最大のメリットです。

シミを上手に隠すことはできないの?

できてしまったシミはうまく隠すことができればうれしいですよね。しかし、ファンデーションなどを使って隠そうとしても、シミを隠すことは非常に難しいです。

 

シミを隠そうとすればファンデーションは厚塗りになってしまいますし、お化粧が不自然に濃くなってしまうばかりか、厚塗りしたために肌の毛穴にお化粧が詰まって、肌荒れを起こしやすくなります。30代以降の肌は弱くなっていて、シミを隠そうと厚塗りをすればするほど肌荒れはひどくなりますから、隠すことばかりを考えてはいられません。

どうしたらシミは薄くすることが出来るの?

シミの原因となっているのがメラニン色素です。メラニン色素が積み重なった結果、肌はシミやくすみを生じているわけです。ですからメラニン色素を薄くすることで肌の内側からシミを薄くすることが必要です。

 

シミを薄くする効果があると言われているのが美容成分であるハイドロキノンです。ハイドロキノンの美白効果は非常に高く、30代以降の広がりつつあるシミを抑えてくれます。

 

シミの原因は紫外線によるものが大きいため、夏になるとシミ対策を考える人は増えます。しかし、紫外線は一年中存在するものですから、シミを薄くするためには一年中、美白対策を考えないとうまくいきません。

美白化粧品を使えば30代以降にできたシミも薄くなる?

美白化粧品の中にはハイドロキノンなど美白効果が高い成分が入っているものが多いです。しかし、ハイドロキノンは効果が高いだけに成分が強く、肌荒れなどを起こす危険があります。30代以降の肌は敏感になっていますから、効果を出す前に肌が負けてしまうこともあります。

 

30代以降の方は敏感肌の方でも使える美白化粧品を使って美白しましょう。敏感肌用に作られている美白化粧品ならば、ハイドロキノンも肌に刺激がないように考えて配合されていますから、肌に悪い影響をあたえることはありません。

 

美白化粧品を使えば、最大のメリットである今あるシミを薄くすることが出来るのです。30代から40代の不安定な肌でも使うことが出来る美白化粧品で毎日ケアを続けてください。

 

>> 効果が高い美白化粧品ランキングはこちら

新安定型ハイドロキノンを配合し美白を守るラグジュアリーホワイト

20代まではそれほど頑張って肌をお手入れをしていなくても、若々しく元気な肌を保つことができます。しかし、年齢とともに肌は衰えていき、30代から40代のころは肌の衰えを大きく実感する時期です。

 

30代をすぎてくすみやシミが気になってきた方に一番お勧めしたい美白化粧品がラグジュアリーホワイトです。

ラグジュアリーホワイトに入っている新安定型ハイドロキノンとは?

医療では80年ほど前から使われてきた美白成分がハイドロキノンです。ハイドロキノンはほかの美白成分であるアルブチンなどと比べると10倍から100倍という高い美白効果がある成分なのですが、不安定で肌荒れを起こしやすいという難点があります。

それを独自開発の技術で肌に優しい形にしたのが新安定型ハイドロキノンです。

新安定型ハイドロキノンは、酸素や熱などに弱かったハイドロキノンの悪い部分を取り去りました。さらに、肌への刺激もない状態にしていますから30代以降の弱くなった肌や敏感肌の方でも問題なく使うことができます。

ラグジュアリーホワイトは気になる一点のシミに効果が高い

美白化粧品を使っても、顔全体のくすみなどには効果があったとしても、気になる一点のシミに効果を集中させることはかなり難しいです。

 

しかし、ラグジュアリーホワイトのスポット集中美容液はそんなシミの悩みを解決してくれます。シミが濃くて気になっている部分に美容液をすり込んでから夜眠れば、寝ている間にジェル状になった美容液がしみの部分に届き、一点集中ケアが可能になるのです。

ラグジュアリーホワイトは顔全体のシミにも効果が高い

30代、40代と年齢を重ねると、気が付いたら顔色がかなり悪くなっていたと悩む方は増えます。顔色が悪くなった原因は肌のくすみです。年齢とともに肌は透明度を失ってだんだんとくすんでいくのです。

そんなくすみを止めるためにはラグジュアリーホワイトの薬用美白美容液が効果を発揮します。

朝と晩、化粧水の後になじませるように塗るだけで、24時間美白効果を維持することができます。美容液の中には保湿成分も入っていますから、30代以降のかさつきがちの肌にも効果を発揮します。

 

くすんだ肌はファンデーションで隠そうとしてもうまく隠せるものではありません。元気のないくすみ肌にお悩みの方は、ラグジュアリーホワイトを使って優しくケアを続け、美肌を保つために必要な美白と潤いを手に入れましょう。

 

⇒⇒効果で人気のラグジュアリーホワイトのキャンペーン詳細はコチラ!

 

美白化粧品選びで迷っちゃう?おすすめの人気アイテムはコレ